FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.17

松尾芭蕉の奥の細道と聖書

Category: キリシタン
検索をかけて知りたい歴史上の人物について読んで行くと、一日はあっという間に過ぎる。
今日は一色直朝(いっしきなおとも)さんの周囲を読んだ。埼玉県幸手市の教育委員会から出版された「幸手一色氏」という豪華な資料が届いたからだ。画家であり和歌を詠む戦国武将である。
数年来の魅力的な謎、水戸御殿英勝寺領について、また一つ物語が生まれてくる。鎌倉は語られていない歴史に満ち満ちている。
そんな風に英勝寺に夢中になっていると、ふと、まったく別のことに気付く。それも重大な事に。

今回のきっかけは、サラという姫君の事からだった。
歴史上の人物を調べると、その父は誰か、母は誰かと気になってリンクをたどって行くことになる。
そうすると、遠いとこまで行ってしまって、あれ、誰を調べていたっけ?と。
それで、わかった事をメモして行くのだけれど、メモから漏れるものもある。
そういう記録されなかった人名に「小良」サラという姫君がいた。それは誰の子供だったのか。思い出せない。

サラと言えば、南フランスではマグダラのマリアの娘だと語られているそうだ。キリストの娘だという。
それは数年前に流行ったダビンチ・コードという本と、その元ネタの本に書いてあった。
南仏の「黒いマリア」の元になっている伝承だそうだ。
私にとってサラとは、映画「ターミネーター2」のサラ・コナーズだ。
地球を救おうとしている青年(救世主)の母の名前である。
そこで気付く。松尾芭蕉を隠れ蓑にして、東北を調査した幕府の隠密。
奥の細道を一緒に歩いた芭蕉の弟子の名前、曽良(そら)とサラは音が似ている。
江戸時代にソラと言う名前はものすごくモダンじゃないかい?と、記憶に残る名前だ。
それがサラ由来だったとしたら。ヨーロッパの名前から来たのだとしたら?
マチアスという名前がマチヤスになって、甲州の大親分「武井のども安」みたいに、〇〇安と言う名前になる。
そんなふうに曽良という名前ができていたら?それはもちろん、「サラ」を知っていますよというアピールだ。

「奥の細道」という名前は地名として「日本行脚文集」に載っている。私の好きな大淀三千風が書いた本だ。
出版は芭蕉が奥の細道の旅に出た翌年だから、「奥の細道」という名前はすでにあったのだ、と思う。
参照:大淀三千風の日本行脚文集の日程表
すでにあった地名を芭蕉は題名に選んだ。
それはその名前が新約聖書に由来して命名されたのだと、気付いたからだ、と思う。

マタイ福音書 7-13-14
狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。
そして、そこから入って行く者が多い。
いのちにいたる門は狭く、その道は細い。
そして、それを見いだす者が少ない。

「奥の細道」とは「いのちにいたる門」へ向う細い道なのだ。
そしてそれを見つけたと、あるいは見つけに行ったのだと、芭蕉はアピールしたのだと思う。
これって、重要な事だと思う。
 
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。