FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.24

トンネルは星の向きを守る為

Category: 未分類


円覚寺の北西の山頂から、星を見ていた視線が推測できる。
玉縄城の諏訪壇の上に織姫星が来ると、地上の王のすばる星が、
六国見山山頂にあった。
南十字星が源氏山山頂に立つと天の川が出雲八重垣になる。
雲頂庵の階段の先に織姫星が輝く時でもある。
そういう設計の一つに、天王星の向きに山の稜線が伸びていて、
(そのように山を整形した、人工的な工事のあとがあって)
それを壊さずに大切にした。
そのためにトンネルを掘って、稜線を保護した。
その、鎌倉時代以前からあっただろう稜線を、無くしたくない。
トンネルはコンクリートで補強してでも、残して欲しい。
万葉集に星月夜と歌われた、鎌倉の、星の仕掛けを守って欲しい。

北鎌倉駅のそばにあるトンネルを壊すことには反対です。

拙著「織姫星と鎌倉」より、
織姫星を頭上に迎える指標、星図1(黄色)
すばる星が東に来る時の指標、星図2(青色)
天の川が水平円環になる指標、星図4(赤色)


Skitch by Evernote で作成。




http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html  鎌倉、まぼろしの風景




スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2014
09.15

鎌倉の六国見山の320度

Category: 320度

藤原氏につながる染屋太郎太夫の稚児塚のある六国見山。
尾根は320度。福岡県の背振山の設計と同じ。
宗像大社の沖ノ島も320度。
沈んで行く天之御中主の赤い星を眺めていた遺跡。
その星は消えて今は無い。
山の尾根の向きだけが、消えた星を見ていた跡を今に伝えている。


Skitch by Evernote で作成。




http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html  鎌倉、まぼろしの風景




Comment:0  Trackback:0
2014
09.15

320度の先に山がある遠山郷

Category: 320度

山の頂上に窪みがあって、
そこに御中星が沈んで行った、そんな記憶を320度の道が表している。
この景観を見つけた人達が、この集落を作る。
ここはめでたい場所であると、道を作り、橋をかけ、
(対岸に何も無くとも橋は必要だ)その頃まだ赤く輝いていた御中星が、
橋の上に上がると、天の川が川に揃う、そんな美しい景観を、毎日楽しむ。
その跡が路に残り、星が消えてからも人々はここに住まう。
遺跡はこんな風にさりげなく日常に潜む。
人が作り出す、選び残した景観は、なんと美しいんだろう。
愛おしいと、思う。
遠山郷かぐらの湯の手前






http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html 鎌倉、まぼろしの風景





Comment:0  Trackback:0
2014
09.15

197度摩多羅神方向の道

Category: 未分類

Googleマップのストリートビューで遠山郷を散歩。
西に川を渡る道がある。川は白鳥座が天頂に来た時の向き。
それを渡る橋は、カササギの渡せる橋の向き。
ここの道と渡し場は御中星が消える前の、平安初期からあったはず。





http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html 鎌倉、まぼろしの風景





Comment:0  Trackback:0
2014
09.15

遠山郷の位置

Category: マタラ神

Googleマップの地形図で遠山郷の位置を見ると、中央構造線の断層が直線の谷になって見える。その向きは197度で、摩多羅神が見ている向きに一致する。
東は富士山、西は入鹿池。入鹿池は縄文遺跡があり入鹿屯倉があったが、1600年代に農業用池になった。






http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html 鎌倉、まぼろしの風景





Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。