FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.10

大久保長安の伊豆長岡温泉

Category: キリシタン
昨日の朝日新聞の夕刊に「キリシタン能が復活」と載った。
「よみがえるキリシタン能」
「観世流宗家、震災鎮魂の祈り込め公演へ」
記事を読んで、変わって行く「空気」を感じて嬉しかった。

「キリシタン」は今でも一部ではタブーになったままだ。
実際に「キリシタンとして殺された人はここでは一人だけです」
という説得を聞いたし、「私の県にはキリシタン遺物などありません」という会話もあった。
今でも忌避されるのは、昭和の言論思想弾圧がいかに厳しかったか、を物語る。
そして今でも、住民をいわれの無い攻撃から守らなければならない、とでも言う様に。
「平成になっても、その『空気』は、何も変わっていないのではないか」
そういう厳しい戒めだと、私はその言葉を受け取っている。忘れない様にしている。
その変わらなかったものが、昨年の3.11から、少しずつ変わって来た様に思える。
少し、だけれど。私だって、少し、変わった。

静岡県伊豆の国市の能のワークショップが1月にあった。
伊豆長岡温泉の古奈で、小鼓と大鼓、太鼓に触ることができた。
100人もの参加者たちは近隣の小学生やら電車を乗り継いで来た引退組(私達)やら。
小鼓を持って10分もたたないうちに、「いよおー!」と自分から声が出る。
驚いた。能は見るよりも、やるほうが俄然面白い。健康的で気持ちがいい。
このワークショップは市が毎年やっているもので、参加費は500円。
能の町をアピールしている。
そのパンフレットに、伊豆の金山を指導しに来た大久保長安が猿楽をここに広めたと
書いてあった。私的には感動的な言葉だ。
死後に磔になった大久保長安が、ここではきちんと名誉回復されているじゃないか。
私達にとって古奈は2回目の訪問だ。だけど川向こうにある成福寺にはまだ行っていない。
鎌倉市小袋谷にある成福寺と同名のお寺である。いつかは訪問してみたい。
194.崇高院様の山門(成福寺:鎌倉市小袋谷)

キリシタン能のビデオを見たことがある。これも新作能で、新潟で上演されたものだ。
アッシジの聖フランチェスコとクララを舞っている。美しかった。

鎌倉市のキリシタンは小袋谷のキリシタンとしてだけしか、語られないのだろうか。
藤沢、横浜、逗子を眺めて、そのなかで鎌倉のキリシタンを見直したいと思う。
権力があった殿様と姫君たちが持って来たキリシタン文化を、
鎌倉の庶民がどう継承したのか。
それは愛情から来る行為だったのではないかとも思う。


関連記事

トラックバックURL
http://kamekokishi.blog.fc2.com/tb.php/15-ad871936
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。