FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.17

松尾芭蕉の奥の細道と聖書

Category: キリシタン
検索をかけて知りたい歴史上の人物について読んで行くと、一日はあっという間に過ぎる。
今日は一色直朝(いっしきなおとも)さんの周囲を読んだ。埼玉県幸手市の教育委員会から出版された「幸手一色氏」という豪華な資料が届いたからだ。画家であり和歌を詠む戦国武将である。
数年来の魅力的な謎、水戸御殿英勝寺領について、また一つ物語が生まれてくる。鎌倉は語られていない歴史に満ち満ちている。
そんな風に英勝寺に夢中になっていると、ふと、まったく別のことに気付く。それも重大な事に。

今回のきっかけは、サラという姫君の事からだった。
歴史上の人物を調べると、その父は誰か、母は誰かと気になってリンクをたどって行くことになる。
そうすると、遠いとこまで行ってしまって、あれ、誰を調べていたっけ?と。
それで、わかった事をメモして行くのだけれど、メモから漏れるものもある。
そういう記録されなかった人名に「小良」サラという姫君がいた。それは誰の子供だったのか。思い出せない。

サラと言えば、南フランスではマグダラのマリアの娘だと語られているそうだ。キリストの娘だという。
それは数年前に流行ったダビンチ・コードという本と、その元ネタの本に書いてあった。
南仏の「黒いマリア」の元になっている伝承だそうだ。
私にとってサラとは、映画「ターミネーター2」のサラ・コナーズだ。
地球を救おうとしている青年(救世主)の母の名前である。
そこで気付く。松尾芭蕉を隠れ蓑にして、東北を調査した幕府の隠密。
奥の細道を一緒に歩いた芭蕉の弟子の名前、曽良(そら)とサラは音が似ている。
江戸時代にソラと言う名前はものすごくモダンじゃないかい?と、記憶に残る名前だ。
それがサラ由来だったとしたら。ヨーロッパの名前から来たのだとしたら?
マチアスという名前がマチヤスになって、甲州の大親分「武井のども安」みたいに、〇〇安と言う名前になる。
そんなふうに曽良という名前ができていたら?それはもちろん、「サラ」を知っていますよというアピールだ。

「奥の細道」という名前は地名として「日本行脚文集」に載っている。私の好きな大淀三千風が書いた本だ。
出版は芭蕉が奥の細道の旅に出た翌年だから、「奥の細道」という名前はすでにあったのだ、と思う。
参照:大淀三千風の日本行脚文集の日程表
すでにあった地名を芭蕉は題名に選んだ。
それはその名前が新約聖書に由来して命名されたのだと、気付いたからだ、と思う。

マタイ福音書 7-13-14
狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。
そして、そこから入って行く者が多い。
いのちにいたる門は狭く、その道は細い。
そして、それを見いだす者が少ない。

「奥の細道」とは「いのちにいたる門」へ向う細い道なのだ。
そしてそれを見つけたと、あるいは見つけに行ったのだと、芭蕉はアピールしたのだと思う。
これって、重要な事だと思う。
 
関連記事

トラックバックURL
http://kamekokishi.blog.fc2.com/tb.php/26-4a8c3104
トラックバック
コメント
甲山さん、一ヶ月もコメントを読みませんでした。すみません。
重要な示唆をありがとうございました。

東慶寺と東渓院の位置を地図で見ました。
東慶寺と東西に並ぶのが、北鎌倉女子学園グラウンドでした。
グランドの東が東慶寺です。
現地に行ってみると分かることですが、ここは不思議なところです。
山の中。西が開けているので富士見ポイントです。
こんなところにグランドを作る。学校から離れているのに。
理由は一つ。すでにここに整地されたひな壇があったから。
それを個人住宅とかにせずに、学校のような公的な施設で保存したかったから。つまりここには何かがあった。その何かを土地の人は大事にしていたのです。
私は小袋谷のあたりに九年間あった伝道所とは東渓院の場所だと思っているのですが。夫はこのグランドだろうと言っています。
東渓院はその登り口です。最短距離でグランドに出るのです。
人家のある台村からは東渓院が見えたでしょう。
でもグランドは裏側だから見えません。
では、裏に回ると?斜面の上段にあるグランドは下からは見えません。
グーグルアースじゃないと見えない土地です。
大坂夏の陣を逃げてきた豊臣のキリシタン武士が集まる伝道所に、ぴったりです。
グランドの西は台峰の谷戸。手つかずの自然が残る場所です。
鎌倉は住宅地として人気で、どんな小さな傾斜地でも宅地にしてしまいます。
なのに、2012年になっても、手つかずの谷が残っている。土地の人が手放さなかった場所です。不思議なところです。
今ここにはオロチ桜と呼ばれる大木があって、春は見事な花を咲かせます。さくらはサクラメント。秘蹟。千葉の佐倉市や置賜の桜街道など、キリシタン跡地のキーワードだと思っています。

東渓院の場所はだいたいわかっているのですが、伝道所の場所は、私にはわかりません。謎のままです。
鎌倉は江戸時代の観光地図がたくさん出版されました。
その地図では、ここは見ることができません。雲がたなびいていたり、江ノ島の絵を貼ってあったり。そして鎌倉を調べる人には有名ですが、
伝承がない場所です。語られない土地なのです。伝道所のせいだと、私は思っています。
亀子dot 2012.09.04 22:14 | 編集
松尾芭蕉と聖書マタイ伝の取り合わせに驚いております。
ザビエルはマタイ伝のみを携えて来日したとあります。
この記述は示唆に富んでおり、彼ははマタイ伝が聖書のエキスと考えていたことが分かります。仏教に例えれば般若心経に当たるのでしょうか?
いずれにしろ、若い頃から聖書の一頁からまじめに読み始めては挫折を繰り返して来た私に取りまして、有難い啓示でありました。早速明治訳旧新訳聖書を買い求め、マタイ伝を読んだ次第。脳漿にシャワーを浴びるとはこのことか!とにかく明治訳聖書は文章の格調が高くて素晴らしい。私はキリスト教徒でもなく、敢えて言えば八百万の自然神を尊ぶ多神教徒ですが、もし何もない無人島か牢獄に一冊のみ本を持することを赦すと言われれば過たず明治訳旧新訳聖書を携えるでしょう。ザビエルのごとく!
”求めよ さらば与えられん!尋ねよ さらば見出さん! 叩け さらば戸は開かれん!”のフレーズを産まれた時から繰り返し頭に刷り込まれている人々と、私のようにそうでない雑兵には大きな開きが生じているのではないか?と危懼しています。
ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブスもそしてマイク・ザッカーバーグも産まれた時から自然にその積極性を頭に刷り込まれているのです。私はこれからの日本を背負う若い方々を危懼しています。
前段が長くなりましたが、主題のお話(2)について
東渓院は確か台村の上に在ったと思います。決して東の谷にある寺ではありません。では、台村の高見から眺めて東の谷にある寺とは何処なんでしょうか?鎌倉から大船に向かう街道は確か、小袋谷と呼ばれていたと存じます。街道の脇に袋のように小さな谷がぶら下がっている。その一つの谷を占めているのが東慶寺。
尼を一人軟禁するには丁度良い袋と思いました。つまり台村から見て東渓寺=東慶寺を意味しているのではありませんか?
甲山 堅dot 2012.08.17 19:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。