--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.30

頼朝アバンギャルドを見てきました


劇団紅月さんの頼朝アバンギャルドは、今回で2回目です。前回の西御門サローネで上演された時から大きく改変されて、より緊密な劇になりました。
西御門サローネは鎌倉市の鶴岡八幡宮の北東にあって、党の辻の七つの塔で作る天の北極に近いところでした。赤山という禁忌の山に近いのです。
だから「この館を訪ねる」という導入が生きていました。
今度は二階堂のカジュ・アート・スペースです。どうするのかな~と思っていたら、大刀洗の故事から始まりでした。梶原景時が初めから出てくる。
大きな違いでした。
北条政子が出てこなくなって、静御前の存在が大きくなりました。
素敵な幽霊が出て、息詰まる緊張を和らげています。
本当に出てくるだけで笑えるって、才能ですね~。
そんなわけで、もう、等の辻は要らないのになあ、カットしてもいいのにと、思っていたのですが。素敵なセリフに出会いました。
沢山の取り巻く星があるから北極星は輝くんだ、という(ような…覚えてない)セリフです。リーダーは一人で輝くのではない、支える沢山の存在があるから輝くんだという台詞です。
そう、お星様の町なのよね~鎌倉は。と、うなづきながら見たのでした。
最終回は今日の16時から。荏柄天神社の鳥居のすぐ左を八幡宮の方に入ります。
お勧めいたします。




http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html 鎌倉、まぼろしの風景




関連記事

トラックバックURL
http://kamekokishi.blog.fc2.com/tb.php/51-c6dd3a8e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。