FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.24

星を祀る神社

Category: 星月夜の鎌倉
日本には星にまつわる伝承が少ないという。星を祀る神社も少ないと聞いた。
でも、調べていくと、神社の多くは星を見る位置にある。
伝承は隠されているらしい。

巨石の上に星が渡ってくるのを見る。そういう設計があると、各地の直線道で証明しようとしている。遠くに岩があって、そこを目指して星がやってくる。
その巨岩の、最も大きいものが、富士山だ。
富士の上に星が輝く。

新しく見つけた170度の線を富士山からひく。
山梨県笛吹市に当たる。
甲斐国分寺跡から見るとちょっとずれる。近くの神社でも、まだずれる。
線上に乗ったのは牛飼神社だった。
これは七夕の彦星の神社だ。
祭神はニニギノミコト。アマテラスの孫のニニギが高千穂に降り立つと、川に張り出すように棚作りにした八尋殿で機織りをしているコノハナサクヤ姫に出会う。
棚の上で機織りだからタナバタ姫。
京都の鴨川に、河原に張り出した席を設けるお茶屋があるけど、あれもタナ。
土地の人は、御祭神は男棚機(おたなばた)と言うのだそうだ。
木花咲耶姫の夫が瓊瓊杵尊だから、男棚機。
コノハナサクヤとニニギが織姫、彦星だったなんて、始めて聞いた。
私は知らないことが多すぎる。
コノハナサクヤが富士山の女神だということは知っている。

牛飼神社から見ると、富士山の上からカノープスが上がる。
南極老人星が昇ってくる。七福神の寿老人だ。
じゃあ七夕の織姫星ベガと彦星アルタイルには関係がないかというと、
ちょうど180度地球の裏の位置に織姫星ベガが居る。
もちろんそれを古代の人は知っていた。
12時間たてばベガが富士山のはるか上空に乗ってくることを。
あるいは季節が過ぎて空が変わることを知っている。
だから、12月の深夜にカノープスが富士山の上に乗っているなら、
6月の深夜にベガが富士山の上空にくることも。
それは星空と共に暮らすことができた時代には、誰もが知っていた知識なのだろう。
現代の私たちは学校で習う。それは生活に関係がないので、多くの人は忘れてしまう。だから、神社が星の向きに建てられていることなど、気づかない。

地図に線を引いて、ここに何かがあると、線上を探すと。
地域で大切にされた神社に出会う。
廃絶寸前の小さな御社もある。
ここに灯明をあげることが必要だった時代の最後の痕跡を見ることができる。



+亀子++++++++++++++++
鎌倉、まぼろしの風景
http://kamekokishi.web.fc2.com/index.html
+++++++++++++++++++




関連記事

トラックバックURL
http://kamekokishi.blog.fc2.com/tb.php/54-4d2778ee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。