FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
04.13

川の音(明月院と岩瀬)

Category: 未分類
神奈川県鎌倉市山ノ内にある明月院は、アジサイの見事さで有名だ。その素晴らしさを堪能したら次は、観光客の少ない時期の明月院を訪れたい。寺に向かう道に入ると、住宅地にもかかわらず、もうそこは鎌倉時代を彷彿とさせる寺域であって、狭い道を車はゆっくりと通り過ぎる。
右側は崖下で山の木が鬱蒼としている。左には川が流れていて、路肩にロープが張られている。川岸の土が崩落しないように、人が川に近寄らないように配慮されている。
そこで川の音がする。ちょろちょろと水の流れる音がする。少し歩くと音は聞こえなくなる。その先でまた音がする。ぱしゃぱしゃ。今度は川をのぞいて見る。
川底に小さな段差ができていて、小さな滝が音を立てている。その上に橋が架かっていて住宅の玄関になっている。これもやはりここだけの川の音で、歩いて行くと音は遠くなり、聞こえなくなる。
目をつぶってこの音を聞くと、どう聞こえるだろうかと思う。次々に現れる音は先へまだ先へと誘うように聞こえるだろうか。
また音が近づいてくる。コポコポ。また川を覗く。
川底に細く彫られた水路があり、水は速さを増す。小さな滝が小さな滝壺を作り、渦を巻く中に水が落ちて行く。そしてやはり橋が架かる。
街灯のない時代の夜の明月院を想像して見る。ここは最明寺という大伽藍があった所だ。川を渡った先に僧房が並んでいただろう。本堂でお務めを終えたお坊様が、夜道を小さな灯明で歩いてくる。
山は風にざわざわと鳴っていて、ごろすけほうと夜鳴く鳥の声がする。蛇に襲われた木鼠の恐ろしい声がする。そこに川の音が近づいてくる。コポコポ。僧房への小さな橋がそこにある。音を立てる川を渡り、静かで暖かな孤独が待つ部屋へと帰って行く。
明月院の川が音を立てているのは、人が使っていた装置だからだ。人工的な風情は無い。まるで自然が作ったかのように、偶然のように川は音を立てる。自然の河床に手を加えるなどという不遜な行為が見えないように、作為の無い景色が出来上がっている。
寺の風景には音の意匠までが含まれていた。鹿威しの音、水琴窟、岩清水。そしてこんな小さな川の音。この音は遺跡である。
鎌倉市山ノ内の梶原に抜ける瓜ケ谷の川底にも、音を立てる仕組みがある。でもここはもう暗渠だと言ってもいいほどの無残な川になって、川の音を楽しむことができるほど、その風情は残っていない。

川底を加工して川の水を使ったらしい痕跡が、鎌倉市にはまだ残されている。
岩瀬の砂押川の下流である。桜の美しい砂押橋から川に沿って下って行くと、桜橋に着く。 砂押川はすっかり水路として整備されて、この旧道が辛うじて昔の美しい川沿いの風景を想像させる。ここから鎌倉女子大の門までのほんの少しの間、河床の岩盤が見える。大切に残されている。
なめらかに磨かれた岩床に数本の水路があって、洗濯だろうか、野菜を洗ったのだろうか、桶のような溜まりを作ってある。その脇には赤ん坊の裸のお尻がすっぽり入るくらいの、浅い窪みがあって、子供達の歓声、女たちの笑い声が聞こえるような川底だ。
その岩床は断ち切られていて、その先はコンクリートの川底だ。ここから桜道が続いていて、美しい遊歩道が整備されている。美しい桜並木は川が排水路になってしまった代償であるようにも見えた。

鎌倉の自然は箱庭のように隅々まで人の手が入って、作り上げられたものだった。そこにどんな意匠が凝らされていたのか、耳を澄ましながらその痕跡を訪ねるのも楽しいと思う。
関連記事

トラックバックURL
http://kamekokishi.blog.fc2.com/tb.php/82-75cbb256
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。